皆さんは携帯電話やスマートフォンを購入するとき、どこに買いに出かけますか?

近年ではスマートフォンを購入する方法はキャリアの専門ショップだけでなく、家電量販店やいろんなキャリアを取り扱う携帯電話販売代理店、キャリアのオンラインショッピングサイト、インターネット代理店でも購入出来ます。

スマートフォン・携帯電話の販売価格はショップごとに決められるため、例えば同じ都市、同じ市内の「ドコモショップ」同士でも値段が違うことがあります。ドコモの場合は「ドコモオンラインショップ」での販売価格が基準となることが多いですが、これよりも高いお店も安いお店もあります。

キャリアの店舗や家電量販店一部の店舗ではドコモは「頭金」として謎の手数料を取られる、ということを聞いたことがあるかもしれません。この「頭金」というものはショップが利益・マージン分として上乗せしているものが多く、有料アプリ・オプション加入などを行うと無料になる、ということもあります。

キャリアのショップでは当然ですが該当とキャリアの機種・プランしか選べません。ドコモとauで迷っている、というような場合は2つのショップに行かないと詳しい説明は受けられません。そこで、量販店や代理販売店の登場です。

量販店での購入メリットはチェーン店舗で使えるポイントをもらえる事がある点です。スマートフォンの契約で何万円分ものポイントがもらえることもあり、実質の支払代金がトータルで安くなることがあります。スマホのケースやフィルムなどを買う予定があれば、ポイントから支払うこともできるかも知れませんね。

オンラインショップでの購入は大きな割引が行われることはありませんが、何といってもショップに出向いて契約する手間がありません。契約のプランやオプションへの加入を長々と店員に勧められるのがイヤだ、という方には便利でしょう。

携帯電話ショップでは争うようにキャンペーンが行われ、上記の購入方法よりも安くかえる「激安ショップ」というものが存在します。これらのショップでは購入時に多数のオプション契約を前提に割引されることが多くあり、有料オプションコースの代金が非常に高額になることもあるため、使わないオプションの解除を忘れないようにしないと逆に高い金額を払うことになるため注意が必要です。

また、激安ショップは小さな店舗でも人気がある有名店では契約するのに何時間も掛かったり、契約の説明がやや簡単に済まされてしまうこともありえます。初めて携帯電話を購入する場合に不安なことがたくさんある場合はキャリアショップで詳しく契約条件について理解してから激安ショップを利用することをオススメします。

回線契約を行わない電話本体だけの「白ロム」を買うならば、中古リサイクルショップ、オークションサイト、通信販売サイトでも電話を買うことが出来ます。白ロムでは中古状態で割安なものや、型落ちになって大幅に値下げされた機種などを選ぶことも出来ます。最新機種にこだわらない、中古でもいいから安いものが欲しい、という方にオススメできます。

ただし、白ロムでは一部の在庫で「ネットワーク制限」が掛かる可能性があったり、故障しても保障期間が切れている場合などのリスクもあります。

どの方法で入手するのが安いのかは、契約したい個人の状況によって異なります。以上の様なショップの特性を理解し、どのタイプの購入方法をしたいのか考えてみることから始めましょう。

以上をまとめてみると、

価格重視なら→携帯電話販売代理店
説明・信頼重視なら→キャリアショップ
ラインナップの豊富さとポイント狙いなら→家電量販店
トコトン価格重視なら→白ロム購入

という具合です。携帯電話の買い方は難しいことではありませんが、いろんな手段・特徴があることを理解していると賢い買い物ができるようになります。