本日より日本国内のNexus7 2012年モデルおよび2013年モデルにも最新のAndroid OS 5.0(Lollipop)が自動アップデート配信が開始されています。

Screenshot_2014-11-18-11-03-19

Nexus7 2012モデルでは、データのダウンロード容量は311.2MBとなっており、大きなデータとなるためWi-Fi接続での更新が推奨されています。アップデートに掛かる時間はダウンロード時間を抜いて15~20分程度です(利用中のアプリの数にもよります)。アップデートを完了すると新しい壁紙やインターフェイスに変更されました。

各種アイコンのイラストも変更されています。端末の設定画面もデザインが大きく変更されています。Androidのバージョンを連続タップすると出てくるギミックは継続され、ロリポップ(棒付きキャンディー)が出てきました。タップするとアメの色が変わります。そしてさらにタップすると、隠し機能の激ムズゲームが始まります。

Screenshot_2014-11-18-11-53-50 Screenshot_2014-11-18-11-54-54 Screenshot_2014-11-18-13-45-41

スクリーンショット・カメラのサウンドも変わっています。ギャラリーの表示方式も変更されました。クラウドサービスとの連携でバックアップを薦める表示が出ます(キャンセルは可能)。

Screenshot_2014-11-18-11-29-17 Screenshot_2014-11-18-12-11-24

Android5.0ではロック画面からの通知機能が拡張されており、ロックされたままでもSNSアプリの通知などを確認出来ます。新機能については以下のサイトで詳しくまとめられており、参考になります。

参考:PC Watch Android 5.0 Lollipopの主な仕様をおさらい

体感として、電源OFF・再起動などの速度がわずかに向上したように感じます。それぞれのアプリの動作・アプリの切り替えについては違いは判らない程度です。連続で切り替えを行うとやや動作がもたつく現象も確認されています。バッテリーの異常消費は管理人の端末では感じられませんが、アプリの切り替えをなんども行うとアニメーションが止まることが確認出来ました(リカバリーモードからキャッシュを削除すると解消します)。

Android5.0はNexus5, Nexus6, Nexus9などのNexusシリーズに配信されていますが、すでに一部でシステムの不具合やアプリの互換性エラーが報告されています。

Wi-Fi接続が不安定になるとの報告がありますが、Nexus7では通常に通信が行えています。

下記主要アプリの動作を行った結果、表示が乱れるものも確認出来ました。各アプリで最新バージョンにアップデートしていなかったもので起動できないものがありましたが、人気アプリはAndroid5.0に対応し始めているようです。

アプリ名 起動 表示・通信など アプリ名 起動 表示・通信など
Twitter ○(旧バージョンではエラー) Kindle
Line Battery Mix
Facebook Outlook
Chromeブラウザ ES ファイルエクスプローラー
SmartNews Firefox ○(旧バージョンではエラー)
Flipboard カメラスタート
ヤフオク Flash Player × ×(firefoxで確認)
G mail Google Map ○ (GPSも可)
パズドラ 11/24配信のアップデートで対応
旧バージョンでは不可
チェインクロニクル
モンスト ディバインゲート
黒ウィズ SKYLOCK
Terra Battle Atutu Benchmark
白猫プロジェクト ぷよぷよクエスト
ラブライブ!スクフェス ○(最新バージョン2.1.1で対応)

(*上記の動作確認はNexus7 2012年モデルでの実機テストの結果です。他機種での動作や公式での発表状況とは異なる場合がありますのでご了承下さい)

アプリでは人気パズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」がプレイできないとの情報がありましたが、11月18日時点で実際にテストしてみたところ、やはり起動できませんでした。配信元のガンホーオンラインエンターテイメントは今後のアップデート(11月24日、ver.7.3)で対応するとの声明を出していますが(ver.7.3にて動作を確認しました)、プレイできなくなると困る方はアップデートすると通常は戻せなくなるので注意して下さい。

Screenshot_2014-11-18-12-08-47

利用中のメモリがシステムとアプリでそれぞれ表示されるようになっています。システムが軽量化され、RAMメモリの小さな端末でも快適に動作するようになりそうです。なお、Antutuベンチマーク(ver5.2.0)のスコアは「18437」となり、Android4.4時(17500前後)よりも若干数値が向上しているようです。

起動中のアプリの表示方式も変更され、それぞれのスクリーンショットがレイヤー表示のように並べられます。横にスワイプするとアプリが終了できます。

Screenshot_2014-11-18-11-50-59いくつか操作方法が変わった点、表示が変わった点などもありますが、通常利用の範囲ではアプリさえ動けば大きく操作性が異なることもなさそうです。アップデートを行う前に、利用中のアプリがAndroid5.0に対応しているかどうかの確認はしておく必要があります。