10月27日に配信されたばかりの英単語学習アプリ「mikan」が話題になっています。その使い勝手と学習に利用できるかをレビューしていきます。

アプリ価格:無料
iPhone5に最適化 iOS7以降, iOS7に対応
言語:日本語 mikan – mikan Co.,Ltd.

(アプリ情報・価格は記事投稿時点のものです)

アプリを起動すると、「mikan」らしいオレンジを基調としたシンプルなメニュー画面が立ち上がります。初回起動時は音声データのダウンロードが行われます。

IMG_0271IMG_0269

初回起動時にプッシュ通知の選択が出ますが、必要ない場合は「許可しない」を選んでもアプリは正常に動作しました(iOS8.1で確認しています)。

Rank5までダウンロードした時点でデータ通信量は46MBほどでした。英単語の音声データを読み込むため、連続でたくさんの学習を続ける場合はパケット通信ではなくWi-Fi環境のあるところで利用することをオススメします。

IMG_0273

このアプリではTOEFL, TOEIC,センター試験対策,GRE(Graduate Record Examination、海外の大学院を受験するためのテスト)といった難しい英語テストにも対応した豊富な単語が登録されているようです。試しにセンター試験・大学受験用を選択し、スタートしてみます。

IMG_0274[1]

学習を開始すると、まず複数の単語が登場し、それぞれを「知ってる」「知らない」に分類していきます。単語が登場した時には英字だけが表示されますが、その状態で画面をタッチすると英単語の意味が表示されます。登場する1順の単語を「知ってる」に分類し終えると、4択式のテストが10問出題されます。

IMG_0275IMG_0277

初回のテストを終えると上記左画像のように語彙力が表示され、その後の学習テストを終えた後も正解率とコメントが表示され、学習の効果をその都度確認できるようになっています。ゲーム感覚で正解率を上げ、覚えた単語数を増やしていくことができます。

アプリとしての操作も非常に軽く、iPhone4sでも快適にページが切り替わっていきます。感覚的な操作にも対応したインターフェイスも良く出来ており、単語は見やすく、システムもわかりやすかったです。音声データも含まれるため、眼と耳、そして手を動かすことによって効果的に勉強できるという触れ込みにも納得です。

「英単語」ということで各単語ごとに1つの意味・用例しか表示されないのは少し学習としては物足りないように感じますが、単語アプリとしてはかなり秀逸でした。無料アプリでここまで出来るものはなかなか無いレベルです。これは学生必携アプリになりそうです。

ダウンロードmikan – mikan Co.,Ltd.