かつてはドコモの動画コンテンツとして登場し、現在はキャリアを問わずに使えるようになった動画サイト「dビデオ」では2014年10月17日~12月31日までの期間、新規会員登録を行うと「レンタル作品お試しクーポン」がもれなく貰えるキャンペーンを開始しました。



dビデオはスマートフォンだけでなく、パソコンやテレビに接続して使う「SmartTV dstick」を利用して動画コンテンツを試聴することも出来ます。スマートフォンはiPhone, Androidの両方に対応します。

dビデオを試聴するにはdocomo IDを利用した会員登録を行い、dビデオの利用登録・クレジットカードによる支払い登録を行うことで簡単に視聴開始が可能です(ドコモ既存会員の場合も初利用時にはdビデオの利用登録が必要です。支払いは電話料金と一緒に請求を選ぶことも出来ます)。キャンペーン期間中は登録から8日目までの継続利用が確認された時点で、本来は別料金で有料視聴となる最新映画などが楽しめるクーポン券が発行されます。

dv1 dv2

月額料金だけで見られる動画作品は2万作品、コンテンツ数は10万を超えています。暇な時間をすべて費やしても見きれないほどの豊富なコンテンツ量がポイントで、有名なテレビドラマ・映画・アニメ作品まで多数あります。スマートフォンを持っている大人はもちろん、子供向け番組もあるため子供の興味を引くために使うこともできます。

実際に登録して視聴(Nexus7を使用)してみると、各コンテンツへのメニューからのアクセス・ダウンロードも早く、ストレス無くビデオ作品を楽しむことが可能です。dビデオでは通信速度に合わせて画質を選択することも出来るため、スマホやタブレットで見るときは「普通」「きれい」「すごくきれい」を選択します。HD対応機種ならば「HD」画質も選択できます。

「すごくきれい」では普通のテレビ・Blu-rayほどとまでは言いませんが、特にコマ落ちが目立つほどでもなくきれいな映像で楽しむことが出来ました(パソコン・ブラウザの場合は通信速度に合わせて自動選択が行われます)。

動画視聴に使ったNexus7はHD(1280×800)の解像度を持ちますが、最近のフルHDに対応した端末ならさらに綺麗な動画が楽しめることと思います。

ただし、高い画質を選ぶと通信データ量はかなり増え、映画1本を見ると1GB~2GB程度のパケット通信が行われます。スマホ回線で1日でこのデータ量を受信すると通信速度規制が掛かるため、高画質での視聴は通信制限のないWi-Fi環境下で行うことをオススメします。

動画配信サービス「dビデオ」なら月額500円(税抜)で映画やドラマが見放題

iPhoneで利用する場合はiTunesからアプリをダウンロード出来ます。

iTunes dビデオ powered by BeeTV