Flameの初期設定が終了すると、簡単なチュートリアル(操作説明)があります。Firefox OSと言っても他のスマートフォンに使い慣れていれば、特に目新しい操作はありません。

チュートリアルはスキップ(Skip)することも出来ます。チュートリアルを始める場合は「Start tour」をタップします。チュートリアルは日本語には対応していませんが、言語設定でインストールされている他の言語で表示することも可能。

2014-07-30-12-22-07
最初はSwipe(スワイプ)。ディスプレイを指で触り、そのまま左右に移動してホーム画面を左右に切り替えることが出来ます。

2014-07-30-12-22-16
ホーム画面のアプリショートカットを変更することも出来ます。アイコンをロングタッチしていると×印が現れ、アプリを削除することも。iPhoneでの操作に似ています。

2014-07-30-12-22-21

ホーム画面の上に検索ボックスがあります。実際の画面では「I’m thinking of…」と書かれています。キーワードを入力すると関連したアプリ候補が一覧で表示されます。

2014-07-30-12-22-30

続いて通知画面(Notification)の説明です。ホーム画面上部からスワイプで通知欄を引き出すことが出来ます。過去の通知一覧とその下にWi-FiやBluetooth、設定画面へのショートカットが用意されています。これもiOSやAndroidスマートフォンと酷似しています。
2014-07-30-12-22-37

起動中のアプリを見るにはホームボタンをロングタップ(長押し)します。するとバックグラウンドで動作しているシステムが表示され、メモリーを多く消費している場合にはこの機能を使って終了させましょう。iPhoneならホームボタンのダブルクリック、Androidなら最近使ったアプリ一覧表示に該当します。

2014-07-30-12-22-47
チュートリアルが終了すると「That’s it!」と表示され、Let’s goをタップすると通常のホーム画面へ移動します。
2014-07-30-12-22-58

以上がFirefox OSのチュートリアルとなります。紹介されているどの機能もiPhoneやAndroidスマートフォンでも見られるものでした。他のスマートフォンと同じような感覚でほとんどの操作が可能です。

良く言えば誰でも戸惑うことなくFirefox OSを使い始めることが出来る、悪く言えば「第3のOS」と言いつつ従来のシステムのコピーである、と言ったところでしょう。あまりに特殊な操作ばかりだと慣れるのに時間が掛かってしまいますが、もう少し面白い便利な機能があるのかな?と期待しているともの足りなく感じるかもしれません。

エクスパンシス