前回、FirefoxOSスマートフォン「Flame」をauから発売中の「Fx0」と同じ環境にするためにOSをバージョン1.3から2.0へ手動アップデートを完了させました。

◇ 【Firefoxスマホ FlameをWindowsPCを使ってOS 2.0へアップデートする方法】

FlameのデフォルトOS ver1.3は半年前のバージョンとなりますが、2.0へアップデートされたことによってホーム画面にリンクされているアプリがたくさん追加されているようですので、FirefoxOSスマホで利用できる主要アプリやゲーム・ツールを紹介していきます。

【ソーシャル(Social)】

ソーシャルカテゴリーにはデフォルトで5つのアプリショートカットが用意されています。

2014-12-28-16-36-50 2014-12-28-16-36-40

「Phone」・・・通話用アプリです。起動するとテンキーによる番号入力画面・電話帳機能を利用できます。
「Massages」・・・メッセンジャーアプリです。設定しておくとSMSメッセージを送信できます。
「Contacts」・・・電話帳アプリです。相手の電話番号やメアド、写真や誕生日など各種情報を登録しておくことが出来ます。
「e-Mail」・・・設定したWebメールを介したメール送受信が出来ます。

メインアプリの他にはFacebook.Twitter, Pinterestなどの有名SNSがずらりと並びます。各種IDを登録すれば他のスマートフォンと同じようにSNSツールが使えそうです。

【ゲーム(Games)】

2014-12-28-16-37-06
以前は無かった日本語のアプリが登場しています。ソリティア・ブラックジャックなどの基本的なゲームのほか、「ドラえもんチャンネル」というキッズ向けゲームも追加されていました(Flameではディスプレイ解像度が足りないのか、ゲーム画面が半分くらいで切れてしまっています)。

ブラックジャックをプレイしてみましたが、とてもスムーズにカードゲームを楽しむことが可能です。iOSやAndroidで人気のパズルゲームやカードRPGゲームといったジャンルのものはシステムが違うためプレイ不能ですが、今後新しいアプリも増えてくると思われます。

【音楽(Music)】

2014-12-28-16-37-19
音楽アプリはまだ少なく、「FM Radio」および「Music」「Video」のプレイヤーがあるのみです。日本国内ではFMラジオの周波数帯の違いから現状では受信できないようです。

ショートカットにはツタヤやJ-waveなどのラジオ関連サイトのリンクが追加されました。Radikoのホームページもありますが、アプリに対応していないためFirefoxスマホでは再生できないようです(PCサイト表示をさせてもFlashプレイヤーをインストールすることが出来ないため、視聴は出来ません)。

全体としてはまだまだアプリの数が少なく、他のスマートフォンと同じような使い方を出来るわけではありませんが、特にSNSツールは対応が進んでいるためこれまでのスマホから乗り換える場合にも同じ感覚で使えるアプリもあります。マイナーなアプリではまだしばらく対応に時間が掛かりそうですので、Firefoxスマートフォンの購入時にはどんなアプリが使いたいのかをよく考えたほうが良さそうです。