今週9月19日(金曜)に発売開始となるApple iPhone6ならびにiPhone 6 Plusの事前予約が9月12日から開始され、アップルは予約開始から24時間での予約台数が400万台を超えたと発表しています。

昨年モデルのiPhone5s, iPhone5cの発売後3ヶ月の販売台数はおよそ5000万台と推計され、iPhone6では実にその10分の1ほどの台数が予約分だけで売買されることになりそうです。

日本でもドコモ、ソフトバンク、auの各キャリアとApple Storeで事前予約が開始され、19日より販売が行われます。日本におけるiPhoneのシェアは非常に高いため、今年の新型モデルiPhoneも多数の予約が入っているとのことです。

Apple storeではすでに初回発売分の在庫は完売しており、予約は1ヶ月待ちほどになるとの納期予定が案内されています。発売日当日から品薄が予想され、それにともなってiPhoneの転売が活発になっています。すでに10万円を超える高値でオークションサイトでは取引されており、人気の高さを伺わせています。

参考元:ロイター通信