2014年6月18日に米国のシアトルで開催されるAmazon.comの新製品発表イベントにて、通信販売最大手アマゾンがモバイル端末事業に参戦するためのオリジナルスマートフォンを発表することがほぼ確実となりました。

イベント参加用の応募ページには「amazon」のロゴが入った未発表の端末画像も掲載されています。アマゾンのオリジナルスマートフォンについては昨年からすでに噂があり、リーク画像もたびたび登場していました。

この新機種には6つのカメラが搭載されており、ユーザーの視線を感知してディスプレイに表示するアマゾンの商品を向きを変えた立体表示をすることが出来る機能が搭載されるとしています。公式サイトには未発表端末を実際に使っている人々のリアクションを撮影したプロモーションビデオも公開されており、「新しい驚きの機能」が搭載されることが示唆されています。

詳しいスペック情報もまだ公開されていませんが、OSにはAmazonのタブレット端末「Kindle」シリーズと同じくAndroidベースの独自システムが搭載される可能性が高そうです。よりコンパクトなKindle Fireのように電子書籍やアプリを楽しむことも可能なはずです。

ハイエンドモデルではなく、多くのユーザーが入手し易い価格帯での販売が見込まれます。Google Nexus5のようにミドルスペックモデルであればSIMフリースマートフォン端末なら300ドル~400ドル(3~4万円)程度の製品も多数あるため、アマゾンの3Dスマートフォンも安価に提供されそうです。

日本での発売情報はありませんが、発表直後はまずはアメリカで販売開始され、その後各国へ販売地域を広げていくものと予想されます。Kindleシリーズの場合は海外での発売から2~3ヶ月ほどの期間を空けてから日本でリリースされています。

 

興味のある方は下記サイトよりイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

参照元:Amazon lauch event