日本通信はドコモのMVNOサービスとして提供する「b-mobile」に新たにデータ通信用SIMプランとして「Platinum Data SIM」を10月中に発売することを発表しました。
platinus

プラチナデータSIMは他の格安SIMプランに比べて毎月利用できるデータ容量が圧倒的に多い「10GB」での提供となり、主にiPadやSIMフリーのタブレット端末、パソコン用のデータ通信利用者に向けた専用プランです。これまでにもPlatinum パッケージは1年間のプリペイドタイプとして発売されていましたが、時代のニーズに合わせて内容を大きく変更することにしたようです。

NTTドコモが提供するスマートフォン用のデータプランでは、10GBの料金はデータプランの基本料金だけで月額9500円となっています。それに比べてPlatinum Data SIMは月額料金は半額以下の2980円(税別)となり、圧倒的な安さがポイントになっています。

ドコモの広い通信エリアが利用できるため、他のモバイルルータープランからこのPlatinum Data SIMに乗り換えるというユーザーも出そうです。通常のモバイルルーターでは7GBで制限が掛かるケースも多く、料金も月額3000円~4000円程度が一般的であるため、b-mobileの新SIMの方が有利となるでしょう。

今年の10月よりIIJmioでは2GBのデータ通信を1000円以下に値下げしましたが、b-mobileは大容量のデータ通信をしたいユーザー向けで勝負をかけてきました。短期間で次々と料金の値下げ・容量の増大が行われています。

MVNO業界でもメジャーなIIJmio, OCNモバイルONE, b-mobileの相次ぐプラン条件の緩和から今後も目が離せそうにありません。MVNOサービスを選ぶときには最新のサービス価格・内容を参照して比較する必要がありそうです。

参照:日本通信 ニュースリリース

ドコモ カケホーダイ&パケあえる 料金表
Amazon 日本通信 Platinum SIMパッケージ