Biglobe(ビッグローブ)が運営するドコモ回線を利用したMVNOサービス「BIGLOBE LTE・3G」は11月のり用分から従来のデータ通信プランの通信量を大幅に増量させることを発表しました。

各プランのデータ量は以下のように変更されます((価格は税別です)。

エントリープラン : 1GB/月 → 2GB/月(月額900円)
ライトSプラン   : 2GB/月 → 5GB/月(月額1,505円)
ライトMプラン   : 3GB/月 → 8GB/月(月額2,838円)
スタンダードプラン: 7GB/月 → 10GB/月(月額3,790円)

格安SIMサービスでは10月よりIIJmio, b-mobile, hihoなどの類似サービスが同様に通信量の倍増を行っており、ビッグローブもこれに付い追随した形となりました。各プランの価格も業界トップクラスに並んだことになります。特にライトプランSでは月額1505円で5GBのデータ通信が可能となるのは業界最高峰となりました。

ビッグローブのネット接続サービスをすでに利用中の場合はさらに月額料金が下がるため、インターネット回線でビッグローブを使用中の方には業界最安値級で利用できるようになっています。

ただし、音声通話付きプランは1GB/月のままでデータ量に変更はありませんのでご注意下さい。

参照:BIGLOBE LTE・3G