スマートフォンのブランド「Xperia(エクスペリア)」はソニーが製造しているモデルですが、そのソニーの子会社である「So-net(ソネット)」が運営するMVNO(格安スマホサービス)のSo-net LTEがXperia J1 compactと格安回線のセット販売を開始しました。 Xperia J1 compactはドコモでは「Xperia A2」という名称で販売されていたコンパクトながら高性能なスマートフォンです。外観はほとんどドコモのモデルと同じですが、J1コンパクトは「SIMフリー」となっているため、海外でも対応の周波数・SIMカードを差し込むことでそのまま利用出来ます。日本と海外を良く移動する人ではそれぞれの国でスマホを使い分ける必要なく、これ1台で利用できる可能性があります。

SIMフリーのスマートフォンは現在日本でもさまざまな種類が買えますが、安心の日本メーカー製品であることと、外国のスマホでは規格が違うため利用できない「おさいふケータイ機能」や防水性能を持った珍しい機種でもあります。「おさいふケータイ」機能を使えるFelicaはもともとソニーが開発した技術でもあります。

スマートフォンの分割代金と基本料金をセットにしても毎月の支払いは3888円(税抜き、2年間の本体分割支払い完了後は月額1610円)となり、一般的なスマホ料金の半額程度(料金プラン6500円+本体分割3000円など)となっています。

セットになったPlay SIMのプランは1日140MバイトまでXiでの高速通信が出来ます。1ヶ月当たりでは実質4GBものデータをやりとり出来るため、毎日メールやインターネット、ゲームなどを楽しみたい人にぴったりのプランです。

参照:LTE SIM+Xperiaセット (So-net LTE・スマホセット販売は終了し、「nuro mobile」へサービスが移行しました)