ソフトバンクモバイルは2014年8月29日よりシャープ製スマートフォン「AQUOS CRYSTAL 305SH(あくおす くりすたる)」を発売します。予約は8月19日より開始されています。

AQUOS CRYSTALはソフトバンク傘下のアメリカ通信キャリア「Sprint」、シャープとの共同開発機となり、ソフトバンクグループの独占モデルとされています。

横幅67ミリの本体を目一杯ディスプレイに利用した「フレームレス」デザインを採用し、無駄の無い仕様です。これまでにもAQUOSシリーズのスマートフォンでは「エッジスト」としてフレームの狭いデザインがされてきましたが、305SHはさらに進化させたものと言えます。

スマートフォンの機能は一部で制限されています。おサイフケータイやワンセグといった国内モデルのほとんどで利用できる機能が305SHでは搭載されていません。

305SH主要スペック

発売日 2014/08/29
CPU Qualcomm Snapdragon 400
MSM8926 1.2GHz クアッドコア
RAM/ROM 1.5GB/8GB
OS Android 4.4.2
重量 約140グラム
サイズ 縦131× 横67× 厚さ10 mm
バッテリー容量 2040 mAh
ディスプレイ 5.0インチ S-CG Silicon
HD(1280×720)
カメラ フロント800万/サブ120万画素
実質価格 新規・MNP/0円
(現金販売価格54,480円)

高級スピーカー「 ONYX STUDIO」を同梱

日本向けモデルとなる305SHには、ソフトバンクセレクション(公式アクセサリーショップ)で約5万円で発売されている高級ワイヤレススピーカー「harman/kardon ONYX STUDIO」が同梱されます。


ONYX STUDIOはBluetooth接続によってスマートフォンと連携させ(専用のアプリが必要です)、高品質のサウンドが楽しめます。円形の独特な形状で、4台(15W×4)のパワードスピーカーによる重厚感ある音質の再現を行います。

参照元:ソフトバンク AQUOS CRYSTAL 305SH